iPad Proで簡単にデザインができるアプリ『Canva』

こんにちは。

今回は、『Canva』を紹介します。

 

f:id:glamglitter:20170712194520j:plain

 

 

Canva - グラフィックデザインとフォトエディター - Canva

 

アプリをインストールするとこのようなログイン画面が出てきます。

 

f:id:glamglitter:20170712222131p:image

 

FacebookGoogleアカウントでログインすることもできるようですが、

今回はメールアドレスでアカウント作成してみました。

 

アドレスとパスワードを入れるだけで登録は完了。

 

f:id:glamglitter:20170712222147p:image

 

使い方の説明動画が流れます。

 

説明動画が終わり、アプリのトップ画面はこちら。

 

f:id:glamglitter:20170712222217p:image   f:id:glamglitter:20170712222244p:image

 

上には各用途ごとに最適なサイズの画像が作成できるよう、

Facebookカバー、instagramの投稿、名刺などが並んでいます。

 

試しにinstagramの投稿から作ってみます。

 

f:id:glamglitter:20170712222318p:image

 

画面右側に白紙が表示されるので、左側のバーから背景を選んだり、

テキストを追加できるようになっています。

 

レイアウトのところでは、お洒落なテンプレートが並んでいます。

 

好きなレイアウトをタップして、変えたい文字をダブルタップすると

文字の編集ができます。

 

f:id:glamglitter:20170712222506p:image   f:id:glamglitter:20170712222523p:image    f:id:glamglitter:20170712222539p:image

 

数日前にインストールして実際に使っているのですが、

仕事でちょっとしたツールやポスター、POPなどを作ることがある方には

すごく便利なアプリです。

 

ブラウザからでも開けるので、iPadでApplepencilを使って編集してから、

PCのブラウザからログインして印刷もできます。

もちろんアプリから画像やPDFとして保存してメールで送信も可能。

 

f:id:glamglitter:20170712222617p:image

 

このように、背景に『Canva』のロゴが入っていたり、素材にコインのマークがあるものは
有料となり保存する際に課金が必要となります。

 

f:id:glamglitter:20170712222412p:image   f:id:glamglitter:20170712223042p:image

 

 

カメラロールの写真を追加することもできるので、

無料の素材もたくさんありますが課金をしたくない場合は

ネットからフリーの素材をカメラロールにダウンロードしてから使うのも便利です。